ホーム > 浜田ダム再開発事業 > 事業説明(目的)

事業説明(目的)

事業説明

浜田ダムは、浜田川上流(建設中第二浜田ダムの約2.5㎞上流)に位置する昭和38年に完成した重力式コンクリートダムです。この既設の浜田ダムを改造し、建設中第二浜田ダムと一体となって浜田市中心部および浜田川沿川地域の治水対策を行います。

建設中第二・再開発浜田ダム

ダムの目的

洪水調節

浜田ダムにある既設ゲートを撤去して、現在の予備放流※1方式から自然調節※2方式に変更し、浜田ダム地点の計画高水流量690m3/sのうち、330m3/sの洪水調節を行います。

工事前・工事後

※1洪水が予想される場合に、制限水位又は常時満水位に水位を保持していた場合でも、必要な洪水調節容量を確保するために貯留水を事前に放流し、一時的に一定の水位(これを予備放流水位といいます)まで下げることをいいます。予備放流により確保することができる容量を予備放流容量といいます。

※2ゲートなどの操作を行わず流入量の調節を行う方式

浜田ダム再開発事業

ダムギャラリー